店舗一覧

に志きや

焼きまんじゅうの歴史は江戸時代、北群馬地方の寒い台所に放置されたご飯から出来た、自然発酵の糀で作った甘さ家に、ご飯や小麦粉をまぜて発酵させ、蒸しておやつにしたのが始まりです。

「に志きやの焼きまんじゅう」は、酒種の特質を生かし、最上級の高麦粉を使用して、当店独特の方法で作り上げた自信作です。

に志きや
〒376-0035 群馬県桐生市仲町3ー6-8

「花形焼きまんじゅう」はお家でお召し上がり頂くのに最適です。
電子レンジで40秒温めて頂くだけで本格的な焼きまんじゅうを味わっていただけます。